読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晴れ時々晴天なり

韓国ドラマやアニメの事が中心の雑記ブログです。

「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」感想。別物として見れば悪くはない!

スポンサーリンク

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

Amazonのプライムビデオで『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』のシーズン1シーズン2を見ました。

この作品は人気海外ドラマ「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品で、「ウォーキング・デッド」が破滅した後の世界なら、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」は日常から破滅に向かう世界を描いたゾンビドラマですね!

僕は、先に「ウォーキング・デッド」をシーズン5まで見て、その後この作品の存在を知って見ることにしました。

www.aritai.net

www.aritai.net

見るまでは、本家(ウォーキング・デッド)に関連しているのかと思っていましたが、完全に別物ですね。

ゾンビ(ウォーカー)によって世界が終末に向かっていく様子を、問題を抱えながらもロサンゼルスで生活している家族の目を通してリアルに切り取っていく。

登場人物も全く違うので先に本家を見ていると違和感があります。
どうせなら本家の登場人物の過去から現在に至るまでを描いて欲しかったようにも思いましたが、回を重ねるうちに「これはこれでアリ!」かなと思えるようになりました。

変わりゆく世界の中で、人間の脆さや残酷さなどをうまく表現できていると思います。
突然ゾンビが現れたら、そりゃ現実逃避したくもなりますよw

ただ、イライラはしますw

展開が遅く余計な事をする息子や娘にイライラします。
(個人的にマディソンの息子のニックは受け付けませんw)

一番イライラしたのは、シーズン2でアリシアという女性が無線機で知らない相手と影で会話を楽しみ、挙句の果てに自分たちの居場所を教えて(実際は違うようですが)危機にさらされるシーンです。
まぁそうなるなぁ~とは思っていましたが見ていてイライラが止まりませんでした…。

それにソンビのシーンもリアルには描かれていません。
これはおそらく、ゾンビ化してまだ時間があまり経っていないからだと思いますが、本家のリアルなゾンビ(グチョングチョンのボロボロ)を先に見てしまうとすごく物足りないですね。
血みどろや、恐ろしいシーンに期待している人にはちょっと期待はずれかもしれませんね。

ただ、設定は悪く無いと思います。
破滅する前の世界もそうですが、ゾンビから逃げるために海を選択した点など、本家よりも正しい選択に思えます。
本家では事あるごとに森へ逃げ込みますが、僕なら森には近寄らないですね^^;

スポンサーリンク

現在シーズン2まで放送されていて2017年にシーズン3が予定されているようですが、本家もまだ終わっていないのでどちらも今後の展開が楽しみです。

まだどちらも見てない人がいれば、やはり先に「ウォーキング・デッド」を見て、その後にこの作品を見た方が良いと思います。
本作への失望感は強くなるかもしれませんが、別物として見れば、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」も十分楽しめると思います。

Copyright 2017 晴れ時々晴天なり