晴れ時々晴天なり

韓国ドラマやアニメの事が中心の雑記ブログです。

「Kindle Unlimited」コミック、雑誌等が定額読み放題!無料体験は少し待つべき!?

スポンサーリンク

Kindle Unlimited

「Kindle Unlimited」の特徴

以前より噂されていたAmazonの電子書籍定額サービス「Kindle Unlimited」が日本でも開始されました!
気になる内容は、月額980円で12万冊以上の本、コミック(マンガ)、雑誌および120万冊以上の洋書等の電子書籍が読み放題になるサービスです。

電子書籍の定額制サービスは他にも(dマガジンやシーモア等)ありますが、小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など幅広いジャンルの書籍が対象で12万冊以上と豊富な作品数となっているのが特徴ですね!

ラインナップ

気になるラインアップですが、現時点(2016年8月現在)では正直満足の行くラインナップとは言えないです。
例えば個人的にも気になるマンガでは、集英社や角川はありません。講談社、小学館等は一部のみ対象という状況です。
雑誌やビジネス本については充実している印象ですね。

コミックライナップ

対象コミック一覧はこちら

雑誌ライナップ

対象雑誌一覧はこちら

ビジネス本ライナップ

対象ビジネス本一覧はこちら

文庫本ラインナップ

対象文庫本一覧ははこちら

参考 出版社一覧はこちら


電子書籍定額サービス比較

「Kindle Unlimited」を含め電子書籍の定額制サービスが増えてきましたが、各サービスの料金や対象書籍などを紹介したいと思います。

サービス名 料金 対象書籍 作品(タイトル)数
Kindle Unlimited 月額980円 小説、ビジネス本、実用書、コミック、雑誌、洋書など 12万冊以上
ブックパス 月額562円 コミック、雑誌、小説、実用書、写真集など 4万冊以上
シーモア 月額1,480円
(ライトプランあり)
コミック 1万冊以上
Yahoo!ブックストア 月額400円 コミック、雑誌等 2万冊以上
dマガジン 月額400円 雑誌等 160誌以上

料金的には、ブックパスやYahoo!ブックストアが安いですが、やはり作品数では圧倒的にAmazonの「Kindle Unlimited」ですね!

コミックレンタルサービス

電子書籍サービスには、今回紹介している「定額制」で読み放題のサービスもありますが、マンガを読みたい方ならTSUTAYA DISCASゲオ宅配レンタル DMMコミックレンタル等が提供しているコミックレンタルサービスもおすすめです。

DMMは店頭で借りる事はできませんが、TSUTAYAやゲオなら店頭で借りることも出来るのでとっても便利です。
何より、電子書籍の定額制サービスと比べて、新作コミックや人気コミックを借りる事が出来るのが最大の魅力ですね!
読みたい作品だけを安く読みたい方におすすめです!

Kindle Unlimitedの無料体験について

今回紹介した「Kindle Unlimited」はAmazonの「プライム会員」と同じように「30日間の無料体験」期間を設けています。
まずはお試し感覚で定額制サービスを利用してもらい気がついたら、そのまま利用しているという感じでしょうか^^;

作品のラインアップは無料体験に申し込まなくても見ることが出来るので、まずは読みたい書籍があるかどうかを確認してみてください!

参考 Kindle Unlimited 読み放題タイトル

今後の定額制サービスについて

今回、電子書籍の定額制サービスにAmazonが参入したことで、間違いなく楽天は参入するでしょうw
他にもTSUTAYAも参入するかもしれませんね。
格安スマートフォンの時もそうでしたが、どんどん参入して単価を下げてくれることを期待します(^o^)

最後に

「Kindle Unlimited」は他の電子書籍の定額制サービスと比べ作品数や取り扱いジャンルから比べても非常に魅力的なサービスだと思います。
ただ、まだ開始したばかりなので、集英社や角川等の大手出版社も様子見状態だと思います。
今後、市場が大きくなればもっと多くの作品が対象となると思うので、Kindle Unlimitedの無料体験はしばらく待った方が良いと思います。
せっかく30日も無料期間が付いているのだから、焦らず待ちましょうw
もしかしたら「プライム会員」にも追加されるかもしれないですからね!(まぁ料金は上がるでしょうが^^;)

定額制サービスが増えてくると、いよいよ店舗型本屋さんは厳しくなりそうですね…。
個人的には本は紙の本で読む方が好きですが、本を安く読めるのはありがたいですね!

LINK Kindle Unlimited