晴れ時々晴天なり

韓国ドラマやアニメの事が中心の雑記ブログです。

「ER緊急救命室」感想・評価|という名の傑作海外ドラマ!本当に面白いです!

スポンサーリンク

皆さん海外ドラマを見ていますか?
僕はもっぱら韓国ドラマですが、海外ドラマもたま~に見ます。
(まぁ韓国ドラマも海外ドラマですけどね^^;)

作品数はそれほど多くありませんが、今まで見た海外ドラマの中でも、一番面白かった海外ドラマを紹介します!

それは、ER緊急救命室です。
ER緊急救命室は、僕が初めて見た海外ドラマで、そして一番面白いと思える海外ドラマです。

ER緊急救命室

マイケル・クライトンが医学生だった頃のエピソードを綴った作品『五人のカルテ』が原作。シカゴにあるカウンティ総合病院の救急救命室(略称:ER)で働く医師や看護師たちの日常をリアルに描いたドラマである。

この作品はシーズン15まであり1994年に放送を開始し、放送が終了したのは2009年!
15年もの長い年月をかけて生み出された最高傑作です。

この作品を見たきっかけは友達に「面白い海外ドラマがある!」と教えてもらい、その友達がDVDを持っていたので借りて見ました。
一番の魅力は、何と言ってもキャスト(登場人物)です!

今では考えられないことですが、あのジョージ・クルーニーも主要なキャストとして出演しています!
有名な俳優が出演しているから面白い作品というわけではもちろんありませんが、この作品はジョージ・クルーニーを筆頭にアンソニー・エドワーズ、ノア・ワイリー、エリク・ラ・サル、ジュリアナ・マルグリーズ等、本当に個性的なキャラクターが多数出演しています。

中でもジョージ・クルーニー(ダグラス・ロス)はERの問題児でいつも何か問題を起こしますが、それでもERという最前線の医療現場で命を助けようとするその姿は見ているものの心を動かします。
訳あってシーズン5でERを去るのですが、その時は号泣したのを覚えています。

そして、海外の医療ドラマの面白いところは、リアリティが半端ない点です。
日本でも医療ドラマは数多くありますが、臓器などは見せません。(たぶん)

ERでは臓器や手術シーンなどもリアルに描かれ本当の手術のように再現されています。
そして、その中で働く全ての人が本当に素晴らしい!

喜び、怒り、哀しみ、楽しみ。
人間の感情すべてが、この作品に凝縮されていると言っても良いでしょう。

とても長い作品なので、出演者も大きく変わりますが、それぞれがいろんな悩みを抱えながらも、多くの人の命を助ける姿は最高傑作の作品と言えると思います。

そして最終回では・・・。

と、まぁERの素晴らしはこのぐらいにして放送予定でしたね^^;

ER緊急救命室 放送日

放送局:Dlife(BS258)
放送時間:7月5日20時~


今回の放送はシーズン1で今後の放送についてはまだ案内がありませんが、きっとDlifeさんならシーズン15まで放送してくれるでしょう!
と、思っていましたが残念ながらシーズン5の放送で終了となりました…。

もしBSを契約していなくて見れない方は「Amazonプライムビデオ」でも配信されていますのでよろしければそちらをご視聴下さい。

最後に、この作品は日本語吹き替えでも十分見れます!
僕は基本、字幕で見ますがこの作品に限っては吹き替えでも良いと思います。

何故って?

それは、ジョージ・クルーニー演じるダグラス・ロスの声が小山力也さんだから!

この声優さんの声、大好き!
小山力也さんは、多くの映画やアニメの吹き替えを担当されていますが、なんとERが声優としてのデビュー作らしいです!

今回の放送はおそらく吹き替えですが、もし吹き替えでも「吹き替えだから見ない!」と言わず是非、吹き替えでも見てみてください!

そしてERという作品が大好きになったら、このシーズン1~シーズン15までの全てが入っているボックスセットの購入をオススメします^^;