晴れ時々晴天なり

韓国ドラマやアニメの事が中心の雑記ブログです。

子供の事ですごくショックな出来事がありました。

スポンサーリンク

先日我が家で大事件が起きました。

それは夕ご飯の時の事です。
仕事から帰ると子供たちは先にご飯を食べていました。

僕も手洗いうがいをして、席につくと娘(小3)の不可解な行動が目にとまりました。
その日のメニューは白飯、鮭、煮物、味噌汁だったのですが娘が太ももの間で何かをしているのです。

気になって娘に何しているの?と聞いたところ「鮭の骨を取ってるの!

という答えが返ってきましたが、お皿の上ではなく何かを隠すように太もも間にティッシュを挟んでそこに鮭の骨を入れているというのです。

明らかに行動がおかしかったので「見せなさい」というと娘は首を横に振り見せません。
もう一度強く迫ると泣きながらティッシュにくるんだものを机に出しました。

スポンサーリンク

この時、ある程度想像はついていましたがうちの子に限ってまさかそんなはずはないと自分に言い聞かせ、恐る恐るティッシュの中身を確認すると中には鮭の身の部分が入っていました…。

そうです。親に隠れて鮭の身の部分をティッシュにくるんで捨てようとしていたのです。

あまりに衝撃的な出来事に僕と奥さんは言葉を失いました。
まさか自分の子供がそんな事をするなんて思ってもいなかったので怒りがこみ上げてきました。

何故こんな事をしたのか問い詰めると娘は泣きながら

『お菓子を食べすぎて食べれなかった』

というのです。

この日は友達が家に遊びに来ていてお菓子はいつもより多く食べたのかもしれません。
それでもこんな事をするとは思ってもいませんでした。

元々、娘はあまりご飯を食べないのでいつもご飯の量は減らしています。
時間はかかりますが何とか食べていたので、心配しながらも見守っていました。

そんな時にこの事件。

僕も奥さんもどうして良いのかわからず娘のしたことに、ただただ腹を立ててしまいその時は怒ることしか出来ませんでした。

結局その日はティッシュにくるんだ鮭も他のご飯も全部食べなさい!と言って3時間かけて全て食べさせました。

厳しく育ててきたわけではありませんが、しつけはしっかりとしてきたつもりだったので、今回の娘のしたことが許せませんでした。

二度としないように約束させましたが、”隠す”という行動を取った娘が心配になりました。

その日の夜、今回の件について娘に手紙を書かせました。
書かせた理由は、言葉ではうまく言えない気持ちでも手紙なら言いやすいかと思ったからです。

娘からの手紙

文章ではなく、思っていることをそのまま書きなさいと言ったので箇条書きのようになっていますが、最後の一文、泣きました。
(出だしがパパとママではなくママとパパというのが少し気になりますがw)

娘も今の現状(ご飯があまり食べれない)を何とかしたいと思っていることがひしひしと伝わってきました。

今でも、まだご飯を食べるのは時間がかかっていますが、精一杯頑張っている姿は見て取れます。
今回の件は親としてすごくショックを受けましたが、今回の事がきっかけで娘が成長してくれることを切に願います。

親になって、はじめて親の気持ちが分かると言いますが本当にそうですね。
子育てって難しい…。